ホーム > ドラマ > 相続者たち DVD-BOX2

相続者たち DVD-BOX2

相続者たち DVD-BOX2
  • 商品番号:12927
  • 価格: ¥25,025 (税込)
メーカー欠品中、次回入荷は未定になります

発売日:2014/10/02

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Delicious

視聴率No.1を記録した2013年最大の話題作!

イ・ミンホ(「花より男子 〜Boys Over Flowers」)&パク・シネ(「美男<イケメン>ですね」)など豪華キャストが競演!
逃れられない宿命を背負った若者たちの青春ロマンス超大作がついに登場!!
<ストーリー>
海辺でのんびりとサーフィンを楽しむ若者、彼の名はキム・タン(イ・ミンホ)。帝国グループの御曹司で眉目秀麗、何不自由ない環境かに見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていた。一方、口のきけない母を持ち、幼い頃から苦労し通しだったウンサン(パク・シネ)はアメリカに渡った姉を頼り、二度と韓国には帰らないつもりでアメリカへやってきた。だが姉の現実を知って失望し居場所をなくしてしまう。途方にくれるウンサンと出会ったタンは、自分の家に招くことに。つかの間、心を通じ合わせる2人。だがタンにラヘルという婚約者がいることを知り、ウンサンは「短い夢を見た」と韓国へ帰っていく。またラヘルも母親の再婚相手の息子が同じ学校に通う乱暴者のヨンドと知り、不快感を隠せない。裕福な家庭に育ちながらもそれぞれに悩みや傷を抱えた若者たち。そんな中、兄に疎まれ、2人の母に挟まれ、それに甘んじる父との葛藤に立ち向かうべく、3年振りの帰国を決意するタン。

彼が戻る名門私立高校はその名も「帝国高校」。学校内には大きく4つの階級が存在する。いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、経営権争いでは外されたが生まれたその瞬間から多くの株を所有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世、3世集団の「名誉相続者集団」、そして世間の評価を気にして仕方なく入学させた経済的な面以外の様々な理由でもこの学校には相応しくない「社会配慮者集団」。この厳しい格差の中で生き延びなければならないウンサン。そして再び、タンとウンサンは運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める…!!

★視聴率No.1を記録!2013年SBS演技大賞 最優秀演技賞(イ・ミンホ)ほか9冠受賞!
放送開始前から大きな注目を集め、韓国内を“相続シンドローム”に染め上げた2013年最大の話題作!
富裕層の高校生たちの苦難と成長、そして熱い恋が見事に描かれ、大喝采で最終回を迎えたメガヒットドラマが満を持して登場!!
最高視聴率を更新し続け、同時間帯最高視聴率を独走!最終回では視聴率28.6%を記録した「相続者たち」がリリース開始!!

★イ・ミンホ&パク・シネ主演の大ヒットドラマが遂に日本上陸!!
「花より男子〜Boys Over Flowers」「シティーハンター in Seoul」「シンイ-信義-」など大ヒットドラマに主演するイ・ミンホ&「美男<イケメン>ですね」「オレのことスキでしょ。」「となりの美男<イケメン>」など大ヒットドラマのヒロインを演じるパク・シネ主演の青春ラブストーリー!

★“新セクシー激情ロマンス”という新たなジャンルを開拓した、キム・ウンスクのレジェンド級脚本!
「シークレット・ガーデン」の脚本家キム・ウンスクが、今最も勢いのある俳優イ・ミンホとタッグを組み“相続シンドローム”という一大ブームを巻き起こす!魔法の告白台詞と絶賛された「俺、君のことが好きなのか?」や、ライバルとのトライアングルなど、繊細な人物描写で各キャラクターが生き生きと浮かび上がり、一度見たら誰でも虜に!

★いま一番HOTな人気俳優たちの“演技力”と、生き生きとした“セクシーなキャラクターたち”に注目!
「ゆれながら咲く花」で注目を集めたキム・ウビンが、ライバルながら切ない思いを演じ切り「相続者たち」で大ブレイク!さらに男性人気バンド「CNBLUE」のカン・ミンヒョク、ガールズグループ「f(x)」のクリスタル、「ZE:A」のパク・ヒョンシク、ドラマ「モンスター 〜私だけのラブスター〜」のカン・ハヌル、ドラマ「九家の書〜千年に一度の恋〜」のチェ・ジニョクなど、若手俳優からアイドル歌手まで豪華キャストが勢揃い!個性豊かな出演者たちの圧倒的存在感、生き生きとしたキャラクターたちの饗宴など見所満載!!

★韓国で放送された全20話のストーリーを、日本版では全26話に再編集!
BOXには、キャストの素顔が垣間見える!?メインキング映像ほか特典映像を収録した特典DVD付き!!

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページのトップへ