ホーム > ドラマ > 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 スペシャルプライス版コンパクトDVD-BOX1

恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 スペシャルプライス版コンパクトDVD-BOX1

恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 スペシャルプライス版コンパクトDVD-BOX1
  • 商品番号:14681
  • 価格: ¥5,400 (税込)

発売日:2019/04/03

個数
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Delicious

第52回百想芸術大賞ほかアジア主要アワードで総計22冠!

韓国歴代視聴率No.1!(※ケーブルテレビ)百想芸術大賞他、多数受賞!!
数々の記録を塗り替え、社会現象を巻き起こした超話題作!

「雲が描いた月明かり(原題)」パク・ボゴム×「運勢ロマンス」リュ・ジュンヨルが恋のバトル!?
笑って泣いて、胸キュン必至のハートフル・ラブコメディ!
<ストーリー>
1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ)は、両親と姉、弟の5人家族。姉ボラ(リュ・ヘヨン)とは犬猿の仲でささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのはいつも、ボラだった。兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)。ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。だがソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだった。それを知ったドクソンは一気に失恋。そんなドクソンの姿を見ていたジョンファンは、なぜかドクソンのことが気になっていた。さらにテクも、ドクソンのことが好きだと男性陣の前で宣言!そうとは知らずドクソンは、テクの食事の世話をするため囲碁の中国遠征に同行することに…。

■韓国歴代視聴率No.1!コンテンツパワー指数ランキング第1位!!
アジア各国で社会現象を巻き起こした超話題作!
ケーブルテレビ史上最高視聴率を記録し、経済効果50億円とも言われるほどの大フィーバーとなった超話題作!!2015年、ケーブルテレビでは異例のヒットと言われた「ミセン-未生-」の視聴率をはるかに超え、いまだ記録は破られていない。また、中国での再生回数が2億回を突破するなど、韓国のみならずアジア各国でも人気を博し、日本でも大旋風を巻き起こす!

■「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム、「運勢ロマンス」リュ・ジュンヨルなど
今をときめく若手実力派俳優たちが夢の競演!!
本作は「応答せよ」シリーズの第3弾!若手スターの登竜門ドラマとしても有名で、第1作目「応答せよ1997」では、主演のソ・イングクが出演を機に人気ドラマに引っ張りだこのスター俳優にのし上がった。本作でもパク・ボゴムが、時代劇「雲が描いた月明かり(原題)」の主演に抜擢、リュ・ジュンヨルも「運勢ロマンス」でヒロインの相手役を務めるなど、出演俳優たちの勢いが止まらない!!

■ヒロインと結婚するのは誰?最後まで見逃せないラブコメディ!
ヘリ(Girl’s Day)演じるドクソンの結婚相手は誰?と予想しながら綴られていくラブストーリー!タイプが異なる3人の男性とのロマンスが展開されていく中で、シリーズ恒例の“未来の旦那さま探し”がネット上で話題沸騰! 度々出てくる現代のドクソンが過去を振り返るシーンでも、恋の行方に想像が膨らむヒントが散りばめられており、見どころになっている。青春時代の淡い恋心から大人の恋愛、結婚までの道のりをコミカルに描きながらも、時に涙ありと観るものを惹きつける要素満載!ヘリの笑いを誘う体当たりの演技も必見!

■家族の大切さを再確認できる、心温まるストーリー!
現代社会で希薄になりつつある人とのつながり、温かさをたっぷり描いた本作。家族同士、ご近所同士が助け合いながら生きていく姿に、幅広い世代の共感を獲得!リアリティーを追求し、その時代に流行したファッションや音楽など、日本の視聴者もなぜか懐かしく感じてしまうストーリー。人の心はいつでもアナログだということを気づかせてくれる名作!

★受賞歴一覧★
■百想芸術大賞 テレビ部門 男性新人演技賞(リュ・ジュンヨル)、テレビ部門 演出賞(シン・ウォンホ)
■ケーブルテレビ放送大賞 ドラマ部門大賞、ライジングスター賞(-1:リュ・ジュンヨル-2:リュ・ヘヨン)、VOD賞
■2016放送通信委員会 放送大賞 最優秀賞
■2016 APAN STAR AWARDS 演出賞(シン・ウォンホ)、新人賞(ヘリ、パク・ボゴム)
■tvN10 AWARDS コンテンツ大賞、スペシャル演技賞(ソン・ドンイル)※「応答せよ」全シリーズ
コンテンツ本賞-ドラマ部門、tvNアジア賞(パク・ボゴム)、人気俳優賞(-1:リュ・ジュンヨル-2:ヘリ)
シーン・スチーラー賞(-1:ラ・ミラン-2:キム・ソンギュン)

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
このページのトップへ